スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「咲 -Saki- 5巻」感想

咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/03/25)
小林 立

商品詳細を見る

というわけで、自己紹介的なアレを除くと、まず一発目の記事更新。今日買った漫画から『咲 -Saki-』5巻の感想を。

簡単に、作品の紹介をさせてもらうと、美少女麻雀漫画です。ヒロインの宮永咲がもう一人のヒロインの原村和と百合百合しながら全国高校生麻雀大会優勝を目指し奮闘するというお話です。大分偏見に満ちたストーリー紹介になってる気がするけど、概ね合ってると思うので問題はないはず。多分…。

5巻では県予選決勝の大将戦前半が描かれているわけですが、完全に能力麻雀バトルと化しています。いや、前々からバトル漫画に近い雰囲気だったし、麻雀に詳しくなくても、役の出やすさくらい知っておけば楽しめるようなライトな麻雀漫画としてはこのくらいがベストなんだろうな。

ちなみに僕は、去年500局くらい麻雀打ったけど、嶺上と海底合わせても10回見たか見てないか…そんなもんでした。海底はまだ出るけど嶺上はまずないからなー。狙って出す能力とか凄まじすぎる。

とりあえず、咲の反撃は次巻からなので、次に期待ですね。アニメはおそらく衣がラスボスなんだろうな・・・。オリジナル展開に入るかもしれないけど。

上にも書いたように、麻雀に詳しくなくても結構読めちゃうんで、麻雀知らない人でも、まあ役くらいは覚えてないとさすがにしんどいかもしれないけど、読んでみてもいいんじゃないかな。アニメも始まるしね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。