スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!2話の感想を書いてみたり

桜舞い散る4月。新しく始まる大学生活に希望を抱く新入生たち…そして、彼らを勧誘するいかにもリアルが充実してそうなサークルの人だかり…。おかしいな、先週のけいおんを見たとき、新しく何かを始める、そういったパワーみたいなのを感じて自分もやる気が出たのに、3次元だとすっごい欝になるよ?おかしいね(´・ω・`)

・けいおん!第二話を見ました
2話が始まるまでの一週間。何回OP曲andED曲をリピートしたことかわかりません。やばい、完全にはまった。OPとEDだけ見るのもあれなので、何度か本編も見直した。先週の感想で言ってたテンポの悪さを感じなかった。多分、さっさと唯に入部しろと思っても見てたせいなのかもしれない。っていうか早く4人集まって絡んで欲しいっていうのがあったに違いない!

と、2話の感想を書くつもりが、また1話の感想になってしまっているのが不思議でならないけど、気にしたら負けだと思うのでスルーしてください。そんなわけで、つい先ほど2話を視聴しました。いやーこれは素晴らしい原作良改変だった!4人とも可愛くて頬がゆるむ俺きめぇ。

今週はまず唯以外の3人の軽い紹介があり、その後、唯のギターを買うお話です。3人の紹介の演出で、それぞれの楽器を弾いてくれたのがよかった。やっぱりこう、音と絵を合わせてるのを見ると流石京アニといった感じ。このシーンだけでもご飯三拝はいけるね!

ギターを買う話では、原作にないエピソードを追加して、良い感じに補完してくれてるのが良かった。こういう補完や見せ方のおかげで、原作がストーリー漫画だと言われてもおかしくないほど、きれいに話がつながってるなぁと感じました。とりあえず、唯の脱線力のすごさに笑いました。本来の目的を見失う能力が高すぎるだろこの子w

それにしてもキャラの立たせかたが上手いなぁ。唯のアホの子度が原作とは比べ物にならないくらい酷いし、澪が恥かしがり屋だってことも、原作にないちょっとしたシーンを入れることで良く表現できてるし、沢庵紬も値切り交渉の時、伏線(?)張ったり、普通の人に憧れを持ってるというキャラ付けのおかげで黒キャラにならずに済んだし、眉毛遺伝だし、律はとりあえず真面目に働けと突っ込みを入れたくなったし、妹は完璧超人すぎるし…四コマ24個分をここまで膨らませてしまって、逆に原作レイプなのではないだろうか?アニメから入って原作読んだらボリュームの少なさに(´・ω・`)ってなるような気がするんだ。

次回「特訓」
今週までは、原作以上に軽音部って感じを出してたけど、流石に次週は無理かなー…。いや唯のギター特訓の描写があると信じてる!予告の映像だけ見ると、お菓子と試験くらいしか印象に残らなかったけどw
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。